過払い金の真実
Home » 過払い金の真実 » 過払い金の時効
ribbon

過払い金の時効


必要以上に利息を支払っていたという過払い金問題。
必要以上に払っていた分は返還を請求できますが、これには時効があります。
その時効を超えると、明らかに払いすぎていたお金があっても、返還請求はできなくなります。
時効は10年になります。

完済して10年以内なら、その借金の過払い金を取り戻せます。
すでに完済して10年以上経っていると、時効が成立しているため、返還請求は難しくなります。
このように、時効が成立するまでの期間には比較的余裕がありますが、時効自体があるのは事実です。
いつか請求をしようと思っている方は、なるべく早めに請求することをオススメします。

ただ、時効のシステムはしっかりとご確認ください。
時効は10年で成立するわけですが、いつから10年なのかが重要ですよね。
ポイントになるのは、最後に取引があった日です。
すでに完済した借金は、借金完済日が最後の取引日となりますよね。
ですから、完済して10年経つと時効成立となり、過払い金請求が難しくなるのです。

では、まだ完済していない借金はどうでしょうか?
この場合、現在進行形で取引が続いている状態ですから、時効のカウンターは進んでいないことになります。
過払い金が発生する借金をして、今日になってようやく完済した場合、今日この日が最終取引日となり、これから10年間は過払い金請求ができるわけです。
このようなシステムになっていることを、まずはご確認ください。

少し状況がややこしいのは、途中で一度完済している場合です。
たとえば15年前に過払い金が発生している借金をしており、それを1年で完済したとしましょう。
その完済日から3年後に同じ業者から借入し、その分はまだ完済しておらず、今日でもまだ返済中だったとします。
このとき、15年前に発生した過払い金請求はできるのでしょうか?
この場合、一度完済した日に取引が終了し、その後の借入はまた別取引とみなすケースがあります。
そのときは、15年前の過払い金はすでに時効成立となり、請求は難しくなります。
ただ、業者が同じなら連続した1つの取引とみなす場合もありますので、このときは専門家である弁護士等に相談するのがオススメです。
場合によっては、一度完済した借金の過払い金を取り戻せるケースもあります。

The following two tabs change content below.

過払い金の真実編集部

最新記事 by 過払い金の真実編集部 (全て見る)

過払い金の真実 | 06月27日更新