過払い金の真実
Home » 過払い金の真実 » 過払い金の確認方法
ribbon

過払い金の確認方法


過払い金請求をしたいとき、まずはその過払い金の有無をはっきりさせるのが、請求の第一歩になりますよね。
しかし簡単にいうものの、過払い金の有無の確認方法がわからないと、返還請求も進みません。
本気で過払い金の返還を考えている方は、まずはこの過払い金の確認方法を知りましょう。

まず振り返りたいのは、過払い金が発生する大半のケースの確認です。
過払い金は、グレーゾーン金利といって、ローンやキャッシングの金利の基準が統一されていなかった時代に借入していたとき、発生することが多いです。
ですから、初めて借入していたときがすでに法改正の後で、グレーゾーン金利が禁止された後だった場合、過払い金は発生しないことの方が多いです。
まずはこの点をご確認くださいね。

グレーゾーン金利があった頃、確かに借入しており、過払い金が強く疑われるなら、まずはその貸金業者まで取引記録の開示を請求してください。
個人の記憶や記録に頼ると間違いが大きく、抜け漏れが出る危険もあります。
また、個人的な意見では証拠能力が低いため、過払い金の有無の証明にはやや不利なのですね。
ある程度個人で記録が残っている場合でも、その貸金業者まで取引記録を請求することをオススメします。
開示請求の方法は、各貸金業者で違いがありますが、とりあえず一度その業者まで問い合わせれば詳しい案内をもらえます。
場合によると請求しただけで、当時の記録を郵送してもらえることもありますから、まずはご請求ください。

詳しい記録がわかったら、その記録をもとに過払い金があったかをチェックします。
現在では違法とされているグレーゾーン金利で借りていたなら、それを現在の金利に直して計算してみてください。
当時の金利が高すぎたなら、だいたい過払い金が発生しますが、金額も具体的にする必要があります。
手計算では間違いも多いですから、計算ソフトなどを使って計算するといいでしょう。
その結果、支払いが必要な金額より多く支払っていた事実があれば、過払い金があると言えます。

The following two tabs change content below.

過払い金の真実編集部

最新記事 by 過払い金の真実編集部 (全て見る)

過払い金の真実 | 06月27日更新