過払い金の真実
Home » 過払い金の真実 » 過払い金の請求方法
ribbon

過払い金の請求方法


過払い金の請求方法はどうやるのでしょうか?
まず最初にすべきことは、過払い金の有無をはっきりさせることです。
過払い金は、グレーゾーン金利があったときに借入していた方に発生することが多いですので、該当する方はとりあえず「お金を返して」と言いたくもなるでしょう。
しかしそれだけでは、返ってくるお金も返ってきません。

これは貸金業者などの事務的なミスではなく、途中で法律が変わったことにもよる問題ですから、過払い金を請求する側で、その過払い金の有無をはっきりさせる必要があります。
それがあるのか、ないのかを貸金業者に調べてもらうことはできないのですね。
もし過払い金があるとしたら、具体的にいくらの過払い金があるのかも明確にし、その根拠もはっきりさせる必要があります。
そのために、当時の取引記録を貸金業者に開示してもらう必要もありますね。
これら計算が、過払い金請求方法の第一歩となるでしょう。

過払い金が明確になったら、それを貸金業者などに連絡し、返還を請求します。
請求は電話やFAXでできることもありますが、書面での連絡が確実でオススメです。
過払い金があった旨や、それの返還を求める旨を明記したうえで、それを配達記録付きの内容証明郵便で送ってみましょう。
こうすれば、アナタが利用した貸金業者に過払い金があることや、その返還を求めた事実がしっかりと伝わりやすくなります。
その上、内容証明を使っていれば、あとでこの点が曖昧になったとき、その事実を公に証明もできます。

ここまで終われば、あとはその貸金業者との交渉になります。
その貸金業者から一度、電話が来ることが多いですね。
そこで返還請求額の提案や交渉をされることが多いですので、その提案に納得できるか、アナタの側で検証してみてください。
その提案に納得できるなら、それで過払い金請求は終了です。
納得できないときは、訴訟を起こすことになります。
具体的にいくら返ってくるかは、その訴訟を通して決定されます。
これが過払い金請求の方法です。

The following two tabs change content below.

過払い金の真実編集部

最新記事 by 過払い金の真実編集部 (全て見る)

過払い金の真実 | 06月27日更新