過払い金の真実
Home » 過払い金の真実 » 過払い金請求にデメリットはある?
ribbon

過払い金請求にデメリットはある?


払いすぎた利息を取り戻すという「過払い金請求」ですが、これにデメリットはあるでしょうか?
そもそもの問題が「支払いが多すぎた」ということで、アナタが余計に支払ったお金を返してもらう手続きですので、デメリットらしいデメリットはそれほどありません。
ただ、本当に過払い金請求をすることを考えると、デメリットだと感じられやすい特徴はありますので、それらをいくつかご紹介しておきましょう。

一番のデメリットといえば、手間・時間・費用のどれかはかかるなど、負担が大きいことです。
本来は払う必要のなかったお金を払っていたわけですから、電話一本で返してもらえるのが筋だと感じられることもあるでしょう。
しかし、実際の過払い金請求は、アナタの側で過払い金の事実を明らかにし、それを貸金業者に連絡する手続きが必要です。
その上、これをすれば、過払い金の満額がすぐに帰ってくるわけでもありません。
過払い金の返還請求の連絡をしたところからが、交渉の始まりです。
過払い金の満額がすぐに返ってくることは少ないですね。
少しでも多く取り戻そうとするなら粘り強い交渉が必要ですし、ときには訴訟に踏み切ることも必要です。
このような実情があるため、本当に過払い金請求をすると負担が大きいのはデメリットですね。

また、もう1つのデメリットとして、この請求をするタイミングによって、借入でいう「ブラック」になる恐れがあることも、強いて言えばデメリットですね。
過払い金請求自体は、ほとんどの場合、ブラックにはなりません。
一時期にはそのような状態も見られましたが、それもすでに解消され、過払い金請求をしただけで以降の借入を断られることはほとんどないのです。
ただ、ごく一部のケースでは、今でも過払い金請求がブラックとなる場合もあります。
それは、借金を完済する前にした過払い金請求です。
この場合、その過払い金の分だけ、残りの返済必要額を減らしてもらえることが多いですが、これは借金減額措置として、債務整理の一つとみなされる場合があります。
債務整理はブラックとなる典型条件の一つです。
コレに当てはまると、以降は借入が利用できなくなります。

いずれもメリットに比べれば些細なことかもしれませんが、このような特徴もあることは確認しておくといいでしょう。

The following two tabs change content below.

過払い金の真実編集部

最新記事 by 過払い金の真実編集部 (全て見る)

過払い金の真実 | 06月27日更新