過払い金の真実
Home » 過払い金の真実 » 過払い金請求は司法書士にも依頼できる
ribbon

過払い金請求は司法書士にも依頼できる


過払い金請求の代行を依頼したいとき、弁護士に依頼されることが多いですが、司法書士にも頼めます。
司法書士とは、主に不動産の登記など、法律も絡む事務的な手続きを依頼する相手とのイメージがあるかもしれません。
過払い金請求のように「交渉」や「訴訟」が絡む問題を頼めるイメージはないかもしれませんが、法律も改正された関係で、一部の例に限り、司法書士でも過払い金請求に対応できるようになっています。
ですから、場合によっては弁護士だけでなく、司法書士に頼むのもいいでしょう。

ただ、司法書士は弁護士と違い、対応できる条件に制限があります。
高額な借金に関してはやはり対応外とされるのです。
司法書士が対応できるのは、「債務総額140万円以下」となります。
あまりに高額な借金で発生する過払い金などは、司法書士では対応できないワケです。
140万円以下の、比較的少額な借入で発生した過払い金なら、司法書士にも頼めます。

特に、普段からこれら少額の借入に関する問題を引き受けている司法書士なら、過払い金請求もスムーズに対応してくれることも多いです。
といいますのも、司法書士が部分的に引き受けられる借金関係の問題は、過払い金請求だけではありません。
「自己破産」や「任意整理」など、返せなくなった借金を清算する手続きの代行も、同じ金額制限はありますが引き受けられるのです。
特に任意整理など、貸金業者と直接の交渉を伴う難しい手続きです。
この手続きを普段からよく代行している司法書士なら、交渉にも慣れており、過払い金請求もうまくまとめられることも多いでしょう。

いい弁護士が見つからなかったり、信頼できる司法書士がいたりするなら、司法書士に過払い金請求を頼むのもオススメです。
司法書士は、弁護士などと同じく事務所を持っていることが多く、その事務所に行けば司法書士への相談や依頼ができます。
過払い金請求の実績が多い場合など、その司法書士事務所の公式サイトなどに実績が載っていることもありますので、気になる方は調べてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

過払い金の真実編集部

最新記事 by 過払い金の真実編集部 (全て見る)

過払い金の真実 | 06月27日更新